• ホーム
  • 様々なシーンで色々なED治療薬を使い分ける

様々なシーンで色々なED治療薬を使い分ける

2019年10月20日
カプセルを持っている男性

現在日本で処方されているED治療薬は3種類あります。
それぞれで効果の出方、持続時間、飲む時の注意点などが違います。
人によってはどんな時でも同じED治療薬を利用するという人も少なくありませんが、実際には様々なシーンで使い分ける事も可能です。

例えば、最も歴史があるバイアグラは強い効果を期待する事ができる薬です。
空腹で2時間以上過ごしている、性行為までまだあと1時間以上はある、さらにその間に食事を食べる予定等はないという時には充分利用する事ができる薬です。
なかなか治療薬を使っても効果を感じられないから強い薬が欲しいという場合にも使えると言って良いでしょう。

ただ、食事を食べる予定がある、例えばパートナーとデートをするという場合などは食事に影響されてしまうED治療薬を使う事はできません。
そういう場合はレビトラを利用しましょう。
脂っこい食事でなければ、それ程食事内容に左右される事も無く効果を感じる事ができます。
しかも小粒なのでパートナーに知られてしまう事無くこっそりと飲んでも大丈夫です。
効果が出てくるまでは大体30分程度は見ておけば大丈夫なので、すぐに性行為となったとしてもそれ程焦る必要はありません。

いつ性行為をするか分からない、タイミングを見計らって治療薬を飲みたくないと思っている人は、レビトラではなくシアリスを利用する様にしましょう。
これは24時間から36時間効果が持続する薬なので、飲むタイミングを気にする必要がありません。
だから旅行に行く時とか、休日何もする予定がない時等に準備と言う事で飲んでおく事も可能です。

この様にレビトラなどは様々なシーンによって使い分ける事ができます。
それぞれのシーンに合わせた使いかたをする事で、よりストレスを感じる事無くEDに対応する事も可能となります。

関連記事
すぐにレビトラが欲しいなら通販サイトがおすすめ

クリニックであれば、勃起不全の治療のための医薬品を処方してもらうことができます。クリニックでは初診料や再診料はかからないために、費用としてはED治療薬の薬代のみとなります。1錠から処方してもらうことが可能で、診察としては問診のみで終わるために5分ほどで済みます。ED治療薬としては日本で初めて販売が開...

2019年10月21日